最近は、ハンドメイドブームの影響もあり、自分でカバンや小物などを作る方が増えてきました。中にはこれを機に、ミシンを購入する方もいらっしゃるようです。しかし、これまでミシン経験のない初心者の方は、どんなミシンを選べばいいのか迷われると思います。そこで、今回は初心者におすすめのミシンについて紹介していきます。参考にしたサイトはこちら⇒「家庭用ミシンおすすめランキング3選 ~おすすめミシンはこれ!~」

ミシン選びのポイント

まず、ミシン選びの基準になるポイントを2つ紹介します。

ミシンの使用目的を明確にする

初心者がミシンを購入するのは何かを作る目的があるからです。その何かは、ミシン選びで重要になります。多分、その目的には、ポーチなどの小物や、お子さんが学校で必要な物や、服などを作りたいなどがあるでしょう。初心者の中には、ミシンだった何でも縫えると思っている方もいます。ミシンには種類があり、使用する目的によって購入するミシンを選ばなければいけません。そして、選ぶミシンにもいろいろな値段のものがあるのです。

価格でミシンを選んではいけない

ほとんどの初心者の方がミシン選びのポイントに考えるのが値段ではないでしょうか。ミシンは、安いものだと何千円代で購入できます。しかし、安いものは安いなりの性能です。そのため、安いミシンは壊れやすく縫える物も限られています。ミシンの性能は価格と比例しているのです。初心者でも20000円~30000円のミシンを購入してください。なぜなら、この価格帯になれば初心者の方でも扱いやすいミシンの種類があるからです。では、ミシンにはどのような種類があるのでしょうか。

ミシンの種類

ミシンには、家庭用ミシンと工業用ミシンがあります。工業用ミシンは縫製工場で使用されている業務用のミシンです。このミシンは作業工程ごとに直線縫いやボタン付けなどの専用ミシンがあります。そして、今回紹介している家庭用ミシンは、1台でいろいろな作業ができるマルチタイプのミシンです。家庭用ミシンも種類があり、電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシンに分けられます。

電動ミシン

電動ミシンは、昔なつかしい足踏みミシンにモーターを取り付けて電力で動かすミシンです。電動ミシンの特徴は機能がシンプルで比較的値段が安いものが多いです。そして、生地を縫うスピードは足踏みの加減で調整します。しかし、ミシンが止まったときの針の位置が一定ではなく、縫うスピードの強弱が難しいので初心者に向いていません。

電子ミシン

電子ミシンは、電動ミシンに電子回路を取り付けて動作を制御しているミシンです。電子ミシンの特徴は電動ミシンよりも針の停止位置が一定で、安定した縫い目に仕上がります。そして、初心者には難しい模様縫いや糸調子などがダイヤル設定で行えて難しいスピード調整も可能です。このように、電動ミシンより多機能に進化しているので値段は高めになります。

コンピューターミシン

コンピューターミシンは、すべての動きをコンピューター制御しています。その特徴は模様縫いや縫い幅など多くの動作が設定されており、パネルを押すだけで簡単に実行できます。そして、使用者の安全面にも配慮しているので初心者でも安心して使えるミシンです。もし、初心者の方が購入するならこのコンピューターミシンをおすすめします。しかし、高性能なだけあってこの3つの中で値段は、一番高価になります。

おすすめのミシンメーカー

現在、家庭用ミシンはさまざまなものが販売されています。そして、国内で販売しているメーカーには、brother(ブラザー)、JANOME(ジャノメ)、JUKI(ジューキ)などが名を連ねています。ブラザーはアマチュアからプロに至るまで愛用されている人気ブランドです。ブラザーには幅広い価格のミシンが揃っているので、予算に合わせて選びやすくなっています。ジャノメは世界で初めて刺繍機能を家庭用ミシンに搭載したトップブランドです。ミシンのバリエーションが豊富なので初心者から上級者まで安心して選べます。ジューキは工業用ミシンのトップシェアブランドです。工業用ミシンのトップシェアだけあって家庭用ミシンもパワーは抜群です。特にデニムなどの厚地や革製品を作りたい方におすすめします。どのメーカーも国内の企業なので、もし故障したとしても保証やサポート体制が万全です。この3社のミシンであれば初心者でも安心して末永く使用できるミシンが見つかりますよ。

まとめ

初めてミシンを購入するとき、どのミシンを選べばいいのか迷うのは当たり前です。しかし、安いからといって格安のミシンを購入するのは、やめたほうがいいです。やはり、初心者だからこそ、使いやすさと長く使えることを考えて、それなりの価格のミシンを購入しましょう。そして、初心者には使いやすさを考えて、コンピューターミシンをおすすめします。”