一人暮らしを始めようとする時とか、結婚を期になどでミシン購入に走る人は結構多いですね。特に結婚する時に、昔で言う嫁入り道具にミシンと言った感じで、結婚のために用意する家電の1つに入れる人は少なくありません。でもこのミシン、本当によく利用していますか。

ミシンは数ある家電の1つではあるけど

今のミシンは電気を利用して使いますので、イメージはちょっと違うかもしれませんが、立派な家電の1つです。しかし家電、冷蔵庫は24時間稼働してくれていますし、洗濯機も最低でも週に数回は働いてくれています。掃除機も、休みの日には定期的に掃除という人の場合、それなりに頑張ってくれていますね。炊飯器や電子レンジ、トースターのたぐいは言うまでもありません。しかし事ミシンとなると、よほど手芸や縫い物が趣味と言う人以外、あまり活躍の場がないのが悲しいところです。実際、結婚して後使ったのはせいぜい、裾上げとかボタン付けぐらいと言う人、多いのですね。一人暮らしの場合は、下手をすればクローゼットの肥やしになってしまいます。ちょっと悲しい家電、それはミシンなのです。

ミシンが大活躍するのは

そんなミシンですが、結婚後に最も活躍する時期があります。お子さんが小さいうちは、ミシンの活躍は止まりません。乳児服から始まって、保育園や幼稚園の時代は名前付けやアップリケ、お弁当バッグなど縫い物は多彩にあります。お母さんにとっても、自分の子供にオリジナルの洋服や小物をもたせられるというのは、誇らしいことですよね。また小学校に入っても、名前付けはもちろん道具袋などまだまだ活躍はつきません。道具袋なんて幼稚園時代に作ったもので、と思っていたらサイズが小さすぎて結局またミシンのお世話に、ということもあります。この時期本当に、ミシンは大活躍なのです。ただその後、子供も大きくなって縫い物自体しなくなると、ミシンの出番は終わってしまいます。クローゼットや納戸で、眠ってしまう結果になるのです。

いっそレンタルミシンという手も考えて

昔は手作りが当たり前で、最も経済的な手段が当たり前だった洋服なども、今では市販のもののほうが安価で手間もなく手に入るようになりました。ミシンで物を縫うということも、趣味とか仕事で以外は少なくなってしまったのです。だったらいっそ、ここはレンタルミシンをと言う選択肢もありますね。生活の区切りでミシンも1つ欲しいと思った時に、ちょっと気持ちを抑えて必要になるまで待つ、と言う手です。そして必要になった時に、この先も多く利用するのかそうでないのかを考慮、もし余り使う予定がなければレンタルにしてみてください。安いミシンを購入しても、まるでおもちゃのようで使えないということもあるのです。だったらレンタルのミシンで必要なときだけ使うというのは、賢いおすすめの方法と言えますね。

レンタルミシンを選ぶ時に

レンタルでないミシンの場合、必要に応じて違うタイプはもちろん使えません。しかしレンタルミシンなら、その時の必要に応じて機能も豊富な製品から選べます。子供の服にアップリケを付けたり刺繍したりと言った、手芸感覚で使いたいときも、そちらに特化したミシンを選べます。またGパンなどの硬くて厚い布地を縫う場合も、工業用のミシンのような製品がレンタルできます。使い方によって選べるのが、嬉しいところです。手入れもきちんとされていますし、修理の心配もなく使えるのはいいですね。そしてもちろん、しまっておく必要もありません。ただ唯一のチェックポイントとして、レンタル時に送料がかかるのかどうかだけ、見ておいてください。ミシンというのは結構重量のあるものです。そのため送料がかなり掛かるのは事実です。送料無料のレンタルであることを確認しておけば、余分な料金が発生せずに安く済むのでおすすめです。

まとめ

ミシンはあれば便利だけど常時使用するものではない、と言う人は多いです。ここは割り切ってレンタルを利用すれば、クローゼットや納戸の場所ふさぎにもなりませんし、必要なときだけ利用ができます。レンタルミシンで必要なものを集中して作ってしまって、その後はスッキリという生活始めませんか。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です