子供の通園グッズなど小物が作りたい方、自分の洋服を縫ってみたい方などミシンに興味を持つきっかけは色々です。ミシンには様々な機能を持ったものがあり、価格もメーカーも様々です。学校では使ったことがあるけど、家庭用ミシンは初めての方におすすめなミシンがあります。

初心者がミシンを選ぶときのポイント

ミシンは、たくさんの種類が販売されています。初めてミシンを購入するときは、価格だけで判断するのではなく、おすすめの選び方のポイントがあります。ミシンを購入する目的を明確にすることです。購入したミシンで、何を作りたいかを考えます。ミシンによって機能が異なるため、作りたいものがきちんと縫えるミシンであるかどうかを確認する必要が出てきます。素材や縫い方によって違いが出てくるからです。初めてだからと一番安いものを選んでしまうと、機能が足りずに作りたいものができないことも出てきます。子供のために入園入学グッズや洋服、バッグなどの小物など、ミシンがあることで様々なものが作れます。最低限の機能があるシンプルなミシンは比較的安いのですが、通園グッズを作るときには文字や刺繍ができるミシンがあると素敵なものが作れます。ミシンに慣れてくると、ジーンズの裾上げも自分で簡単にできるようになります。そのためには、厚物も縫えるミシンが必要です。使用目的に合わせてミシンの種類やサイズ、機能が変わってきます。購入時の使用目的、さらにこれからどのようにミシンを使っていきたいのかで、選ぶミシンをイメージできるようになります。

初心者向けの操作が楽なコンピューターミシン

コンピューターミシンは、ミシンにコンピューターを搭載しているので、縫い目やスピードを制御することができます。パネルで設定することができるので、ミシンに慣れていなくても、自動糸調子できれいな縫い目を作れます。糸調子は手動で行う必要がなくなり、ミシンが調節してくれます。エラーになった時は、音や表示で知らせてくれるので、糸かけもスムーズに行えます。自動糸切り機能が付いており、縫い終わりはボタン操作で糸切りをします。ミシンで文字縫いや刺繍縫いができます。コンピューターミシン特有の機能で、アルファベットやひらがな、カタカナなどの文字を入れたり、図案通りに刺繍したりが可能になります。短時間できれいに仕上がるため、手で刺繍をするよりもミシンで行う刺繍がおすすめです。

きれいな縫い目になるモナミヌウプラスSC227

ステッチ数は55種類あり、オートボタンホールは9種類から選べます。液晶画面を見ながら簡単な操作で設定すると、思い通りの縫い目を作れます。押え圧を調整し7枚の送り歯で、厚物縫いもきれいに仕上げることができます。薄地は押え圧を弱くし、厚地は押え圧を強くするため、縫いしわや縫いずれを防いでくれます。糸調子は自動になり、模様に合わせて調子を変えていくので、きれいな縫い目になります。オプションでEU2を追加すると、刺繍機も付けられます。

カラー液晶画面が付いたブラザーparie

ミシンには、カラー液晶タッチパネルが付いています。刺しゅう模様の選択や調整、編集が思いのままに操作できます。内蔵された刺繍デザインだけでなく、パソコンから刺繍データをダウンロードをしてデザイン数を増やせます。これからミシンを活用し、趣味や仕事として活用したい方におすすめです。厚い生地でも縫いやすく、長く使い続けられます。オリジナルの小物や洋服が作れます。

まとめ

ミシンによって、使える機能は異なります。真っすぐに縫うだけでなく、刺繍をしたりリメイクしたりと、洋服や小物のアレンジも簡単に行えます。目的によってミシンを選ぶと使いやすく、美しい作品を作ることができます。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です