ミシンを買いたいが予算的に苦しいという場合は、中古ミシンを検討してみるのも一つの方法です。新品と同様の機能を持ち、格安で手に入る点がメリットです。但し、中古品の購入に関しては注意すべきこともあります。「新品を購入すればよかった」と後悔しないために、中古ミシンの選び方についてしっかり理解しておきましょう。

中古ミシンを購入するメリット

一般的に、新品のミシンの場合は格安のもので1万円代、コンピューターミシンは3万円代からのものが多いです。使用済みということが気にならない人にとっては、高機能なミシンを定価より安い価格で購入できる中古ミシンは魅力的です。電子ミシンや電動ミシンの場合は新品でも価格的に安いため、これらのものを購入する場合は新品を検討した方が長く使えます。一方で、使いやすく耐久性にも優れたコンピューターミシンは価格的にも高めです。現在ではコンピューターミシンが最も一般的な種類であり、ミシンの利用が初めての人にも操作しやすく、また熟練者にとっても使用に適した多くの機種があります。コンピューターミシンにも1万円代で手に入る価格帯の安いものがありますが、高価なコンピューターミシンであれば、中古品を検討することで予算を抑えることができます。

信頼できるメーカーで耐久性に優れたものを選ぶ

ミシンを選ぶ際は、メーカーの確認も大切です。ジャノメやブラザーに代表されるような、長きに渡って高い技術に基づく信頼できる製品を開発しているメーカーは安心感があります。中古品を購入する際も、老舗メーカーの製品を中心に検討すれば選びやすくなります。中古のミシンの場合は、特に耐久性が問題になります。すでに一定期間利用されていたものであるため、経年劣化が起きている可能性があります。そのミシンを利用していた人の使い方が悪ければ、使用年数以上に痛みが進んでいることも考えられます。せっかく中古ミシンを購入しても、すぐに壊れてしまったのでは意味がありません。中古品の購入はこのようなリスクも考慮する必要がありますが、耐久性に優れた信頼性の高いメーカーの製品であれば、リスク低下にもつながります。

中古ミシンは専門店や販売店で購入する

中古ミシンの購入先についても、しっかり検討しておくことが大切です。専門店や販売店から購入することがおすすめです。オークションやフリーマーケットで購入する方法もありますが、この場合は不良品をつかむ可能性もあります。 購入後にすぐ故障したり、最悪の場合はすでに故障品であったりするケースです。専門店や販売店であれば中古品のメンテナンスを行っているため、このようなリスクは低いです。クリーニングもされており、見た目も綺麗なものが手に入ります。ネットや店舗から中古ミシンを販売している業者をピックアップして、機能性や価格帯など希望に合うものを探すといいでしょう。

中古ミシンの状態は利用者の使い方によって違う

中古品は年数だけではなく、以前の利用者の使い方によって大きく製品状態が変わってきます。たとえ専門店や販売店によるメンテナンスが行われたものであっても、その製品が今後どの程度の耐久性があるかについては、製品ごとで異なります。年式の古い中古品が故障した場合には、修理に出しても部品がないケースもあります。このような製品の修理にも対応している業者はありますが、場合によっては修理不能の状況も考えられます。したがって、中古品の購入はその製品状態をしっかり確認しておくことが重要です。疑問を感じた場合は、購入先の専門店や販売店に聞いてみるといいでしょう。

まとめ

それぞれの利用目的によって、ミシンの選び方は違います。本格的にミシンを使いたい場合は、それに見合った種類のものを選ぶことが大切です。耐久性に優れているのは新品の製品ですが、機能面だけを考えるのであれば、中古品は新品同様の機能を持つものです。今後自分がどの程度ミシンを利用していくかによって、新品か中古品かの選択をしていくことが必要です。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です